ライブ詳細

Spring Bossa Nova

開催日

2019年2月19日

出演:中島宏子(vo) 川満直哉(fl) 木村純(gt)

 

宮崎で活躍中のヴォーカリスト・中島宏子さんによる、早春のボサノバライブ。

中島宏子

アーティスト紹介

■中島宏子
10代よりシンガーとして活動スタート。20代は銀行勤務のあと、ラジオパーソナリティーとしても活躍。30代にホテルシェラトンのクラブシンガーとして再スタート。
宮崎県主催の「Light up 県庁星空コンサート」や、その他、ホテル等のディナーショー、企業パーティー、イベント等へ出演。また、福岡のJazz spot 出演等、活動範囲も広げている。
Sstandard Jazz 、Bossa Nova、洋楽POPS、J-POPと、幅広いジャンルを伸びやかなソフトヴォイスで情感豊かに表現。
----------------------------
■川満直哉
宮崎市出身。10歳からフルートを、16歳からサックスを始める。早稲田大学在学中のバンド活動をきっかけに、卒業後はミュージックカレッジ・メーザーハウスにてジャズの奏法や音楽理論などを学ぶ。近年はボサノヴァなどブラジル音楽のライヴも精力的に行い、2015年には小野リサ(Vo./Gt.)のワールドツアーにも出演。また、クレモンティーヌ、杏、手嶌葵などポップス系アーティストのレコーディングにも参加。2016年11月、ボサノヴァ・ギタリスト:木村純のプロデュースによる1stアルバム「O Viajente do Verão 〜夏の旅人〜」を発売。フルートとサックスの両方で複数の楽器を巧みに使い分け、多彩なサウンドを表現している。
----------------------------
■木村 純
中学生時代、FEN放送のラジオから流れてくるジョアン・ジルベルトの『イパネマの娘』を聞き『これぞ僕が目指す音楽』と確信。それ以来、ブラジル音楽、特にボサノバにのめりこむ。ボサノバギターの習得は、すべてレコードからの独学。高校時代にはボサノバ専門のコンボを結成、ライブ活動を開始。それ以降、多くのブラジル人ミュージシャンとの交流を持つ。その後レコーディング、ブラジリアンレストランでの専属ギタリスト、さまざまなコンサートライブなどを経験。現在は、ボサノバギタリストとしてだけではなく、ポップスやジャズなど、その活動範囲は多岐にわたっている。三四朗(Sax)と共にアコースティックボサノバデュオ『SAPATOS』を結成。石原都知事の提唱する『へブンアーティスト』の第1期テストに合格し、東京都公認のストリートミュージシャンとなる。また、ポップス系ヴォーカリストのレコーディングや、コマーシャルソング制作にも積極的に参加。木村純作曲・編曲・演奏による『資生堂ふふ マスカラ・ドラマティカルアイ』、及び松下電気産業『乾いちゃう洗濯機』と『生ごみ処理機』が2002年(第42回)社団法人・全日本CM放送連盟(ACC)審査会においてそれぞれ銅賞とACC賞をダブル受賞。明治製菓のラジオコマーシャル『明治チョコレート』やナショナル家電シリーズのラジオコマーシャルでは作編曲から演奏、歌まで披露。その他数々のCMソング制作に参加。1998年までの24年間のサラリーマン経験を生かした『脱サラギタリスト』。
◆オフィシャル・サイト
http://jun-kimura.jp/

タイムテーブル

OPEN 19:00~
①20:00~20:40
②21:00~21:40
40分×2ステージ・入れ替えなし
MC2800円+2オーダー(税別)

このライブは終了しました

スケジュール一覧ページへ戻る