ライブ詳細

Rouge in Paris

開催日

2017年7月13日

出演:今井貴子(fl) from Paris 加畑 嶺(pf)

 

フランス在住のフルーティスト・今井貴子さんの一時帰国にあわせたクラシックライブ。ハイレベルのクラシックをご鑑賞ください。

<演奏予定曲目>ドビュッシー : 月の光、ラヴェル: ソナタ 遺作、ピアソラ :タンゴの歴史より、マイク・マウワー : ソナタラティーノ ほか

今井&加畑

アーティスト紹介

■今井貴子(フルーティスト)
母の手ほどきで3歳よりピアノを始め、10歳よりフルートを始める。東京音楽大学付属高等学校を経て、桐朋学園大学音楽学部管楽器専攻卒業。2005年より渡仏。パリエコールノルマルにて第六課程を修了し、2007年より国立オルネイ・スー・ボワ音楽院において、世界的フルーティストのパトリック・ガロワの元で鍛錬を積む。2011年同音楽院最終課程を一等賞 Prix d'Excellence を得て卒業。2009年から2011年までディジョン国立地方音楽院の最終課程に在籍、同じく一等賞を得て卒業。また同時期にフランス国立音楽教育者養成学校PESM Bourgogneにて二年間の研修を経て、2011年音楽教育国家資格であるDiplome d'Etat d’Enseignement Artistiqueを取得。これまでにフルートを折原美佐子、植村泰一、野口龍、Jean Ferrandis、Claire Louwagie、Patrick Galloisの各氏に、ピッコロをPierre Caron、室内楽を白尾彰、中井恒仁、Julien Guenebaut、Nina Patarcecの各氏に師事する。現在パリに拠点を置き、フランス国内のオーケストラの客演や室内楽奏者として演奏活動を行うほか、パリ近郊音楽院にて後進の指導にあたっている。2010年より、ピアニストの小西陽子と共に「Letter from Europe ~ヨーロッパからの便り~」と題したコンサートシリーズを企画開催し、その意欲的なプログラムとフランスのエスプリとも言える色彩豊かなパフォーマンスが好評を得ている。
<オフィシャル・サイト>
http://imaitakako.wixsite.com/flute
----------------------------
■加畑嶺(かばた・れい)
巨匠、ラザール・ベルマン氏に認められ、イタリアとリトアニアで行われた氏のマスタークラスに招聘される。ファイナルコンサート出演。オランダツアー中、アムステルダム、コンセルトへボウ小ホールデビュー。デン・ハーグ春の音楽祭にてジャン・イヴ・ティボーデ氏の公開マスタークラスに出演。ザルツブルク、モーツァルテウム音楽大学夏期音楽講習会にてドミトリー・バシキーロフ氏のクラスを修了。1年半のモスクワ留学を経てオランダ、デン・ハーグ王立音楽院ピアノ科にて研鑚を積む。これまでにピアノを村手静子、ラザール・ベルマン、ナウム・シュタルクマン、ナウム・グルーベルトの各氏に師事。2013年に自身のタンゴ・ジャズ・ユニット「ジャクロタングス」において歌手、庄野真代とのコラボレーション・アルバム“CINEMATIQUE~シネマティーク~”(OMCA-5035)を日本コロムビア系レーベル、オーマガトキよりリリース。2014年、4月 STB139にて公演。7月 客船「ぱしふぃっくびいなす」カムチャッカ・ツアーにてソロ・リサイタル開催。その精緻かつ大胆な表現、核心を衝く解釈により、クラシックのみならず幅広いジャンルでも活動の場を広げている。
<オフィシャル・サイト>
http://www.reykabata.com/

タイムテーブル

OPEN 19:00~
①20:00~20:40
②21:00~21:40
40分×2ステージ・入れ替えなし
MC3500円+2オーダー+消費税

このライブは終了しました

スケジュール一覧ページへ戻る