ライブ詳細

<AFTERNOON LIVE> ピアノでボッサ・サンバ Duo

開催日

2018年5月26日

出演:鈴木奈緒(pf) Alexandre Ozaki (ds)

 

ジャズ、ヒーリング、ブラジル音楽と幅広く演奏活動をしている鈴木奈緒さんによる、ボサノバセッション。

鈴木奈緒&アレックス

アーティスト紹介

■鈴木 奈緒(すずき・なお)ピアニスト/作編曲(contemporary music,jazz)
東京生まれ。桐朋学園大学短期大学部 ピアノ科卒業。同研究科修了。在学中ジャズピアノを藤井英一氏に師事。1986年よりホテルやレストランバー、ラウンジの生演奏、ウエディング演奏をはじめる。1988年 New Yorkを訪れた事を機に東京のライブハウスで修行し1990年頃より自己のピアノトリオを結成しライブ活動を始め、現在まで多彩な分野でのライブ、コンサート、ピアノアレンジ、ダンス公演の音楽制作、レコーディングに携わる。2003年よりYamaha Popular Music School 認定講師。現在FMラジオ放送J-WAVE番組「VISION」ジングルにFirst アルバムより[A Fonte]が採用されている。2011年「W100ピアニスト ジャンルを超えた女性演奏家たち」掲載。NHKテレビ小説「おひさま」のヒロイン井上真央役のオルガン演奏と指導を担当。衛星ラジオMUSIC BIRD「Crossover Night」の日本人ジャズピアニスト特集に出演。2010年11/19 2nd アルバム 鈴木奈緒ウィズ ストリングカルテット「Eternity in 10」(VBE-004)をリリースしフレキシブルに活動中。魂に響く深い音色と情熱的なリズムを融合させたオリジナリティ溢れる音世界で人々に癒しと勇気を運んでいる。
◆オフィシャル・サイト
http://nao-suzuki.com/
--------------------------------
■"Alex"Alexandre Ozaki
ドラム、ヴォーカル、ギター、パーカッシ ョン、作曲を手がける多彩なプレーヤー。
1970年、プラジル・サンパウロ生まれ。日本人の父とブラジル人の母との間に生まれ、ギターが趣味で音楽好きだった父に影響を受けて音楽に関心を持つ。幼少時からピアノを習い、16歳からドラムを始める。ドラマー&バンドリーダーを務めたロックバンド"Alerta Geral"が、1988年ロックバンドコンテストで入賞したのを機に本格的な音楽活動を始める。
1990年に来日以来、数々のイベントやテレビ番組、CMなドに出演。
2006年からはドラムだけではなく、ギター&ヴォーカルのソロ活動にも力を入れている。柔らかいタッチから生み出される心地よいグルーヴと、ライブで見せるとびきりの笑顔が人気。小野リサ、Luisão Maia、XACARAやPatricia Marx(ブラジルの人気ポップ歌手)などのコンサート、ライブにサポーティングアーティストとして参加。
Bossa Nova教則本シリーズ(中央アート出版、大久保はるか編)でドラムを担当。
2013年オーマガトキレーベルからメジャーデビューしたピアニスト・今井亮太郎のアルバム『ピアノ・サウダーヂ』でドラム&リズムアドバイザーを務めると共に、「イパネマの娘」で優しい歌声を披露。
2013年12月にリリースした自身の初ソロアルバム『プラ・ヴォセ』には、ブラジルトップミュージシャンたちと行ったリオデジャネイロでの録音を中心に収録。

タイムテーブル

OPEN 13:00~
①14:00~14:40
②15:00~15:40
40分×2ステージ・入れ替えなし
MC2800円+2オーダー+消費税

このライブは終了しました

スケジュール一覧ページへ戻る