ライブ詳細

EMSAYブラジリアンジャズTrio

開催日

2016年2月16日

出演:<EMSAYブラジリアンジャズTrio> EMiKO VOiCE(vo) 生田さち子(p) 箭島裕治(elb)

都会的コンテンポラリーなブラジリアンジャズを目指すトリオの初ライブ。まるで楽器のように歌うEMiKO VOiCE 、ジャズ、フュージョンからラテンまで何でも弾きこなすスーパーピアニスト生田さち子。超絶ハイテクベーシスト箭島裕治。今一番脂の乗っている音楽家、3人が集まって奏でる音は、繊細かつパワフル!

EMSAY

アーティスト紹介

■生田さち子(いくた・さちこ)
大阪生まれ。4歳よりエレクトーンを、10歳からピアノとドラムを始める。 ヤマハ主催のJOC(ジュニア・オリジナル・コンサート)に15歳まで毎年出演し 合歓の郷にて世界各国の子供達と共演し'81,'82年のアンサンブル大会では2年連続グランプリを受賞。16歳で武道館に於ける第17回世界歌謡祭にはパーカッショニストとしてゲスト出演。'93年には堺青年会議所主催の環境キャンペーンのテーマソングをアレンジ・レコーディングに参加。大学時代にジャズと巡り合い、高橋俊男氏に師事。それ以後、京阪神を中心にコンサート・ライブ活動を展開。近年における活動は目覚しく、エディー・ヘンダーソン、オテロ・モリノ、日野皓正・土岐英史・峰厚介・川嶋哲郎・多田誠司・TOKU・大坂昌彦・原大力・江藤良人・ 井上陽介ら世界及び日本を代表するジャズ・ミュージシャンと数多くのセッションを重ねる。2002年4月越智順子と共にNHK FMセッション505に出演及びツアー にも参加。2002年10月には初リーダーアルバム「My Language」をリリース。2008年「第1回なにわジャズ大賞」受賞。現在はジャズに留まらず、持ち前の好奇心を生かしラテン・フージョン・シャンソン・現代音楽等 幅広いジャンルにおいて非常に高い評価を得る。教育者としても未来のミュージシャン育成に力を注ぎ、弟子入り志願のピアニストが後をたたない。今、最も信頼のおける注目のピアニストである。
----------------------------
■EMiKO VOiCE
5歳よりNHK東京児童合唱団で歌い始め、教育テレビ番組にレギュラー出演。早稲田大学卒。'99年より米バークリー音楽大学に奨学生として留学し、本格的にジャズを学ぶ。卒業後はニューヨークでジャズ歌手として活躍し、2003年帰国。ジャズ歌手としては、数々のコンクールでグランプリを受賞し一躍脚光を浴びる。'05年よりフリージャズピアニスト、スガダイロー氏と結成した"Phase DUO"は、現在までに2枚のCDと1枚のライブDVDを発表、「普通の曲が普通じゃない」ジャズは大きな反響を呼び、2012年には日本最大のジャズフェスティバルの一つ、"UENO JAZZ INN"にて満場のスタンディングオベーションを浴びた。ブラジル音楽の歌手としては、ギタリスト助川太郎とのユニット「メヲコラソン」でメジャーデビュー。オリジナルの日本語ボサノバから本格的な古典サンバまで幅広く歌いこなし、毎年夏にはなま音ホールコンサートを開催、毎回ソールドアウトの人気企画に成長した。その後も毎年本場リオデジャネイロに渡り、現地で歌とダンスの研鑽を積んでいる。その他、ギタリスト/作曲家チャーリー高橋との日本語による端唄、小唄を追求するコンサートや、日本語ジャズコンサート、女性3人のボサノバコーラスグループ「トレス・パッサリ―ニョス」の活動、CMレコーディングなど、活動は多岐に渡る。
----------------------------
■箭島裕治(やじま・ゆうじ)
1973年大阪府生まれ。4歳でピアノ,5歳でヴァイオリンを始め,9歳から10歳までの間に相愛大学附属音楽教室にて楽典の基礎を身につける。上京後,16歳で初めてエレクトリック・ベースを手にする。18歳で6弦ベースに転向。 慶應義塾大学在学中よりスタジオワーク,ジャズ系のライブなどを中心にプロ活動を開始。2000年に林正樹 (pn.) ,岩瀬立飛 (drs.) と共にジャズピアノトリオ「宴(うたげ)」を結成,2006年迄に3枚のアルバムをリリースしている。2011年にはヴォーカリスト三科かをりとのゴスペルユニット「AmaKha(アマーカ)」を始動,2013年には野呂一生 (gt.) ,大高清美 (org.) ら超豪華ゲストを迎えた1stミニアルバム「Future Gold」をリリース。現在は「AmaKha」「宴」両ユニットを主宰する傍ら,野呂一生 (gt.) インスピリッツ,増尾好秋 (gt.) パワースポット,中路英明 (tbn.) オバタラ・セグンド,遠藤律子 (pn.) FRV!,やまもときょうこ (vo.) ラテンジャズグループ,上野山英里 (pn.) トリオのレギュラーメンバーとして活動中。またセッションベーシストとして中西俊博 (vln.) ,トミー・キャンベル (drs.) ,エリック・ミヤシロ (trp.) ,是方博邦 (gt.) 他多数のミュージシャンと共演(→「Links」),スタジオワークでもSOFFetやウェイウェイ・ウー,J&O(原順子&叶央介)のCDに参加するなど多岐にわたる仕事をこなしている(→「Works」)。著書にエレクトリック・ベース教則本「ベース・ラインの技」(ヤマハミュージックメディア,2008年)がある。また2014年より,動画配信による通信ベース講座「箭島裕治eBASS塾」を開講。2015年現在中級編までをリリースしており,将来的には初心者からプロユースに至るまでのフルカリキュラムの教材群を完成させる予定。

タイムテーブル

OPEN 19:00~
①20:00~21:00
②21:30~22:30
60分×2ステージ・入れ替えなし
MC3000円+ご飲食代+消費税

このライブは終了しました

スケジュール一覧ページへ戻る