ライブ詳細

巴ノ華 -hanoka- ライブ Vol.6

開催日

2019年11月8日

出演:豊明日美(笙) 梅屋喜三郎(囃子) 菊池美奈子(pf)

はのか

アーティスト紹介

■豊明日美 / Asumi Bunno 笙・竽奏者
1000年来、笙を家業とする京都方の楽家「豊家」に生まれる。兄、剛秋に笙の手ほどきを受け、豊英秋氏に師事。東京藝術大学雅楽専攻卒業。
笙を石川高、左舞・合奏を芝祐靖氏に師事。正倉院の復元楽器の1つである竽を用いた演奏も積極的に行っている。
NHKラジオ・NHKテレビ出演をはじめ、2000年伶楽舎ヨーロッパツアーに参加。
正統派の雅楽演奏で活躍するかたわら、立川舞台芸術フェスティバル2005主催「小民家園プログラム」笙とアコーディオンのコンサートにてエーファー・ツェルナー(来日公演)と共演するなど、多彩な活動を展開。
2007年、和洋楽器バンド「東京民族音楽」メンバーとして「第2回和洋楽器グループ・コンテスト」でグランプリを獲得、読売新聞社賞、日本民謡協会賞、薦田奨励賞受賞。
2008年、国際交流基金主催による薩摩琵琶、笙、ギター、アコースティックベースからなる「Group BAKK」でモスクワをはじめとする計5都市での演奏ツアーに参加。
2016年NHK world「Blends」出演。デーモン閣下の邦楽維新コラボレーションに2018、2019年参加。
ジャンルを問わず様々なアーティストとのライブ演奏、レコーディングに参加する他、アニメやゲームの挿入曲にも多数参加。和洋楽器ユニット「玉Yu薇」での活動など、その活躍が注目されている。
----------------------------
■梅屋喜三郎 Kisaburo Umeya
梅屋流囃子方
故梅屋福三郎師に入門、梅屋喜三郎の名を許される。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。
大河ドラマ「江」「八重の桜」「軍師官兵衛」「真田丸」、NHK時代劇「オトコマエ!」「花の誇り」などに出演。また、「花の誇り」の囃子作曲。
中村勘九郎・七之助錦秋特別公演、文化庁「本物の舞台芸術体験事業」、国立劇場主催公演などの国内公演や、アメリカやヨーロッパ、アジア公演など海外公演にも参加し、舞踊公演や演奏会を中心に活動中。
(一社)長唄協会会員。
----------------------------
■池美奈子 Minako Kikuchi
作編曲ピアノ Composer/Arranger/Pianist
千葉大学、同大学院において、作曲家水野修孝氏に学ぶ。POPS系鍵盤・作編曲を森俊之氏に学ぶ。
水戸ニ高コーラス部、千葉大学合唱団OB。在学中より出版楽譜のアレンジや演奏を仕事とする。
ピアノやコーラスピースをはじめ、音楽専門誌、各種楽器教則本や曲集の為の編曲や採譜を担当。携わった出版楽譜は1,000冊を優に超え枚挙に遑がない。採譜やピアノアレンジに対しては、キース・エマーソン氏、小曽根真氏、国府弘子氏をはじめとするミュージシャンより「Good Job」との言葉を頂くなど高評を得ている。
メジャーCD(NHKみんなのうた)編曲・演奏、CM音源作成&手の出演、ピアノに限らず多様な編成の作編曲を請け負う傍ら、'12年よりソロ活動を始める。西洋風な中にほんのり和の香るオリジナル曲による1st.ミニアルバム『Piano Japonism 1 たゆたう』発売。独特の世界観、オリエンタルな作風が好評。楽曲提供も行っている。
ソロ活動開始を契機に、ピアノや鍵盤楽器でのサポート演奏を開始。ジャズコーラスグループTokyoGoldCompanyに立ち上げから関わる他、クラシック奏者へのPOPなアレンジ提供など、ジャンルを跨いで活動中。

タイムテーブル

OPEN 19:00~
①20:00~20:40
②21:00~21:40
40分×2ステージ・入れ替えなし
MC3000円+2オーダー(税別)

このライブを予約する

スケジュール一覧ページへ戻る