ライブ詳細

小川弥生 ボサノバ・ライブ

開催日

2015年10月27日

小川弥生(vo,g) 木村 純(g)

某航空会社でキャビンアテンダントをしているという小川弥生さんの、初ライブ。

小川弥生

アーティスト紹介

■小川弥生(おがわ・やよい)
神奈川横浜市出身。5歳でピアノを始める。アメリカで幼少期を過ごしたことを機に、幼いころから洋楽を好むようになる。学生時代、"GETZ/GILBERT " を聴き、ボサノバに魅了される。社会人になってから、街角でボサノバギタリスト木村純と出会い、ボサノバギターを始める。客室乗務員として業務をこなしながら、時々渡航先などのLIVEハウス各所でボサノバの弾き語りをしている。
----------------------------
■木村 純(きむら・じゅん)■
中学生時代、FEN放送のラジオから流れてくるジョアン・ジルベルトの『イパネマの娘』を聞き『これぞ僕が目指す音楽』と確信。それ以来、ブラジル音楽、特にボサノバにのめりこむ。ボサノバギターの習得は、すべてレコードからの独学。高校時代にはボサノバ専門のコンボを結成、ライブ活動を開始。それ以降、多くのブラジル人ミュージシャンとの交流を持つ。その後レコーディング、ブラジリアンレストランでの専属ギタリスト、さまざまなコンサートライブなどを経験。現在は、ボサノバギタリストとしてだけではなく、ポップスやジャズなど、その活動範囲は多岐にわたっている。三四朗(Sax)と共にアコースティックボサノバデュオ『SAPATOS』を結成。石原都知事の提唱する『へブンアーティスト』の第1期テストに合格し、東京都公認のストリートミュージシャンとなる。また、ポップス系ヴォーカリストのレコーディングや、コマーシャルソング制作にも積極的に参加。木村純作曲・編曲・演奏による『資生堂ふふ マスカラ・ドラマティカルアイ』、及び松下電気産業『乾いちゃう洗濯機』と『生ごみ処理機』が2002年(第42回)社団法人・全日本CM放送連盟(ACC)審査会においてそれぞれ銅賞とACC賞をダブル受賞。明治製菓のラジオコマーシャル『明治チョコレート』やナショナル家電シリーズのラジオコマーシャルでは作編曲から演奏、歌まで披露。その他数々のCMソング制作に参加。1998年までの24年間のサラリーマン経験を生かした『脱サラギタリスト』。
◆オフィシャル・サイト
http://jun-kimura.jp/

タイムテーブル

OPEN 19:00~
①20:00~20:40
②21:00~21:40
40分×2ステージ・入れ替えなし
MC2500円+ご飲食代+消費税

このライブは終了しました

スケジュール一覧ページへ戻る