ライブ詳細

栗山梢 × 星井哲郎 from NY ダブル・ピアノソロライブ

開催日

2015年6月29日

栗山梢(p)  星井哲郎(p) from NY

バークリー音楽大学にてウェイン・ショーター・アワードを作曲家として受賞。同大学を首席で卒業の後、ボストン交響楽団の室内楽団ボストン ・チェロカルテットに2011年より楽曲を提供している作曲家の星井哲郎さんが一時帰国。二人によるダブル・ピアノソロライブとなります

栗山&星井

アーティスト紹介

栗山梢(くりやま・こずえ)■
4歳より本格的にピアノを始め、高校生より独学で作曲を始める。2009年 東京音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業。在学中、クラシックやポピュラー音楽、ポップス等、様々なジャンルを織り交ぜた、ライブ活動を始め、2008年には、姉であるミュージカル女優、栗山絵美と共にオリジナル曲を中心に東京や千葉でライブ活動を始める。2009年には2人のオリジナルCD”Power”をリリース。大学2年次より、Rick Overton氏のジャズ即興/理論のレッスンを受講し、2008年、2009年の8月、ポルトガルで開催されたInternational Music Festivalに参加。数回に渡り、クラシック(ソロ、室内楽)と、ジャズを演奏。2年目はFellowshipとして演奏の他、ジャズの個人レッスンも行う。卒業後、2009年9月にBerklee音楽大学に奨学生として入学。 2011年5月に卒業。在学中、ジャズ演奏と共に、ジャズ、ポップス等の編曲、作曲を学び、4つの自作曲が複数のコンサートに選ばれ、BPCというメインホールで演奏。Victor Mendozaの"Big Brown"コンサートにもピアニストとして参加。そのコンサートの模様が、WICN Public Radioにて生放送された。全ての学期において、成績優秀者、Dean's listに載り、2010年にはClassical Music Performance Award、2011年はMBNA Professional Music Awardを受賞。現在はボストンにて、ジャズソロピアノ、また、サックスカルテットグループ"Kozue Kuriyama Jazz Quartet"として、活動している。これまでに岡田敦子、川上昌裕、高野耀子、佐藤俊、Geba Raps, Muza Rubackyte各氏にクラシックピアノを、John Arcano, Leo Blanco, Nando Michelin, Frank Carlberg, Bruce Stark, 各氏にジャズピアノを、Rick Overton氏にジャズ理論を、Jackson Schltz, Greg Hopkins, Scott Free氏にジャズ作/編曲を師事。
◆オフィシャル・サイト
http://ameblo.jp/treetopk/
----------------------------
■星井哲郎/クラシック 、ジャズ作曲家
バークリー音楽大学にてウェイン・ショーター・アワードを作曲家として受賞。同大学を首席で卒業の後、ボストン交響楽団の室内楽団ボストン ・チェロカルテットに2011年より楽曲を提供している。現在はニューヨークに拠点を移し、ニューヨーク・フィルハーモニックやブロードウェイの音楽家からなるニューヨーク・シンフォニック・ブラスに定期的に楽曲を提供し続けているほか、自身の音楽プロジェクト、ブルックリン・チェンバー・ノネットやドギー・キャッツにおいて独創性溢れた音楽の可能性を探求している

タイムテーブル

OPEN 18:30~
①19:30~20:15
②20;45~21:30
45分×2ステージ・入れ替えなし
MC2000円+ご飲食代+消費税

このライブは終了しました

スケジュール一覧ページへ戻る