ライブ詳細

中西俊博30周年・プチ前夜祭LIVE!

開催日

2016年3月13日

出演:中西俊博(vln) 竹中俊二(gt)

ジャズヴァイオリン界の頂点に君臨する中西俊博さんが復帰第1弾ライブとして、スーパーギタリスト・竹中俊二さんをお迎えしてのデュオライブ。

中西&竹中

アーティスト紹介

■中西俊博(なかにし・としひろ)■
東京芸術大学卒業。1stアルバム「不思議の国のヴァイオリン弾き」(1985)が10万枚を越す大ヒットとなり、2007年6月に、ソニー・ミュージックダイレクトよりリリースされたベスト・アルバムで23枚目のアルバムをリリース。演奏家として、ジャズ・ヴァイオリンの巨匠 ステファン・グラッペリとの共演をはじめ、フランク・シナトラ、ライザ・ミネリ、アダモ、サミー・デービスJr.、クインシー・ジョーンズらのソリストやコンサートマスターを務める。また、井上陽水、泉谷しげる、桑田佳祐、坂本龍一、布袋寅泰 らのアルバム制作や、コンサートにソリストとして参加。杏里、大貫妙子、桑田佳祐、Mr.Children、川井郁子、宮本文昭、その他多くのアーティストに楽曲や編曲を提供。TVドラマ・映画音楽、CM音楽を数多く手がけ、手がけたCM音楽は150曲を越え、CM音楽では、ヨーロッパで権威ある「LONDON国際広告賞-2000」にて、TVオリジナルミュージック部門のファイナリストを受賞など国際的注目も浴びている。舞台音楽にも才能を発揮し、「ア・ラ・カルト」(青山円形劇場/1989~)東京国際芸術祭2004音楽劇「ファウスト」(2004)等、数多くの舞台の音楽監督を担当。現在、リーダーを務める「Cool Groovin'」「爆裂クインテット」など、自己のバンドの活動にも意欲を注ぎ、ピアノ、ギターなどとのデュオでのライブ活動も精力的に展開。そのグルーヴ感溢れる独創的なステージは多方面から注目を集める一方、チェコ在住の人形劇師、沢則行氏との「KOUSKY」や、NHK「グラスホッパー物語」のスペシャル版でのノッポさん(高見のっぽ氏)とのコラボレーションなど、幅広いフィールドで活動中。
◆CD情報
2006年・Album 『Ballads 2』他多数
◆中西俊博オフィシャルサイト  http://couleur.bz/
◆中西俊博facebook    http://www.facebook.com/toshihiro.nakanishi.10
----------------------------
■竹中俊二(たけなか・しゅんじ)■(Electric&AcousticGuitar,Compose,Arrange,Produce)
18才よりピアノ、12才よりギターを始める。実家がジャズ喫茶を経営していた影響により、自然に音楽に興味を持つ様になる。兄がセミプロのギタリストだった影響で Rock、R&B、Jazz、Fusionなどにも興味を持つようになり、雑食系ミュージシャンの基盤を作る。その後、クラシックギターを平木勝津夫氏に、ジャズギターを潮先郁男氏に師事し、ストリングス&ホーンアレンジをライブ経験により独学で学ぶ。多重録音やシンセサイザーにも興味があり、作曲編曲を自宅で制作する様になる。1999年よりリーダーバンドTIRONを立ち上げ、松本圭司 (Key)菰淵樹一郎(Bass)岡部洋一(Perc)等とともに2001年にCD「TIRON3」を、2002年に 「TIRON2」をリリース(全国タワーレコードとホームページ で販売中。)そして、TIRONは2003/3韓国でのCDリリースも果たし、KBSの音楽番組「ラブレター」に出演、メディアで大々的に取り上げ られる。 現在は、ポップス、R&B、ジャズ、ブラジルなど、あらゆる ジャンルを行ったり来たり。平井堅、ゴスペラーズなどその他多くのレコーディングや、ビートマニアやドンキーコングなどのゲーム音楽クリエーター、その他アーティストへの楽曲提供やアレンジ。ドン・キホーテの様な幅広い分野を駆けめぐるクリエーター&ギタリスト。

タイムテーブル

OPEN 18:00~
①19:00~19:40
②20:00~20:40
40分×2ステージ・入れ替えなし
MC3500円+ご飲食代+消費税

このライブは終了しました

スケジュール一覧ページへ戻る