ライブ詳細

秋元茉里 アンサンブルシリーズ Vol.2 〜 Flute Duo × Piano 〜 素敵なゲストと素敵な夜を

開催日

2019年4月27日

出演:秋元茉里(fl) 西村 葵(fl) 青木佑磨(pf)

 

秋元&西村&青木

アーティスト紹介

■秋元茉里
4歳よりピアノを、12歳よりフルートを始める。 洗足学園音楽大学卒業。 同音楽大学専攻科を首席で卒業。在学中、2012年度特別選抜演奏者に認定される。第20回KOBE国際音楽コンクール優秀賞、及び兵庫県教育委員会賞を受賞。 第23回日本クラシック音楽コンクール入賞。第12回仙台フルートコンクール入選。及川音楽事務所新人オーディションにて最優秀新人賞を受賞する。 フルートを故・立花千春、前田綾子、上野由恵の各氏に、室内楽を沼田園子、故・立花千春、千葉直師の各氏に師事。更に、現在はニューヨークに定期的に通い、藤井香織氏に師事している。日本、ヨーロッパにて、E・バイノン、P・ベルノルド、V・リュカ、A・アドリアン、P・アルトー、J・ユレルの各氏のマスタークラスを受講。J・ボーディモンのマスタークラスでは、ソリストに選ばれ、選抜演奏会に出演。 V・リュカのマスタークラスでは汐留ホールで行われた”フルートの夕べ”に出演。ソロ・室内楽で演奏活動をする傍ら、後進の指導を行っている。
----------------------------
■青木佑磨
1989年福島県生まれ。東京都立芸術高等学校を経て、武蔵野音楽大学および同大学院ヴィルトゥオーソ学科をそれぞれ首席で修了。クロイツァー賞受賞。在学中、学内管弦楽団定期演奏会にソリストとして、ショパン:ピアノ協奏曲第1番を演奏。また第82回読売新聞社主催新人演奏会(東京文化会館大ホール)等、多くの演奏会に出演。
2013年、第16回リスト音楽院セミナー最優秀受講生として、第14回ブダペスト春の音楽祭(ハンガリー)にてソロリサイタルデビュー。
2014年秋よりハンガリー国立リスト音楽院に留学し、これまでに同国内にてリサイタルを6度開催。2015年よりハンガリー政府奨学金の恩恵を受ける。2017年5月、同大学院大ホールにて、ブラームス:ピアノ協奏曲第2番をデーネシュ・イシュトヴァーン指揮、ファイロニ室内管弦楽団と協演。同年6月には、同音楽院の最難関カリキュラムである、ソリストコースを最優秀の成績で修了し、ソリストディプロマを取得。
第2回アールンピアノコンクール第1位および最優秀演奏者賞受賞。第21回日本クラシック音楽コンクール第5位(3位以上なし)。
これまでに、ピアノを永岡信幸、ソコライ・バラージュ、ファルヴァイ・シャーンドル、ドラーフィ・カールマーンの各氏、室内楽をクレメンス・ドル、ハルギタイ・ゲーザの各氏に師事。
----------------------------
■西村 葵
茨城県龍ヶ崎市出身。W.シュルツ氏の薦めにより、渡欧。2018年にウィーン国立音楽大学演奏学科を卒業し、同大学院にて修士を取得。ドイツのクーラウ国際フルートコンクールのトリオ部門で第2位。2017年、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の夏のアカデミーに合格し、ザルツブルク音楽祭に参加、オペラ「ヴォツェック」に出演。これまでにフルートをワルターアウアー(現ウィーンフィルハーモニー交響楽団首席奏者)、故・ヴォルフガング・シュルツ、吉岡アカリ、荒川洋、小林美香の各氏に、室内楽を岡崎耕治、G.ポコルニー、ピッコロをレナーテ・リノートナー、フルート・トラヴェルソをゲルトラウド・ヴィンマーの各氏に師事。現在はフルート演奏だけでなく、コンサートの企画・運営、後進の指導、ピッコロ、フルート・トラヴェルソ(古楽)の演奏も積極的に行っている。

タイムテーブル

OPEN 18:00~
①19:00~19:40
②20:00~20:40
40分×2ステージ・入れ替えなし
MC3500円+2オーダー(税別)

このライブは終了しました

スケジュール一覧ページへ戻る