ライブ詳細

Objects’ Transition

開催日

2017年12月7日

出演:大原敏生(vln) 北村貴丸(gt) 南山拓朗(elb)

 

ジャズヴァイオリンの巨匠・中西俊博さんのお弟子さんでもあり、これからジャズヴァイオリニストとして大きく飛躍していくであろう大原敏生くんの2回目となるライブ。若手らしくヴィヴィッドなジャズと、聞きなじみのある楽曲を選曲してのたのしいライブとなります。

大原敏生トリオ

アーティスト紹介

■大原敏生(ヴァイオリン)
6才よりヴァイオリンをはじめる。高校在学中よりヴィオラも始め、第16回全国高等学校オーケストラフェスタ(2009)では全国からの選抜メンバーによるオーケストラの首席ヴィオラ奏者を務めた。洗足学園音楽大学入学時よりJAZZに強い興味を持ち、セッションやライブへ活動の幅を広げる。コンサート、ライブサポート、セッションホスト、レッスン講師等で、JAZZやクラシックを中心とした幅広い音楽性を持ち味に活動している。これまでにバイオリンを服部奈々氏、素村裕子氏に、ヴィオラを飯田桂子氏に、JAZZ奏法を中西俊博氏、maiko氏の各氏に師事。また、和声法・音楽理論を野本由紀夫氏、織田英子氏に師事。
----------------------------
■南山拓朗(ベース)
洗足学園音楽大学ジャズコース卒業。エレキベース/コントラバスを納浩一、藤原清登、アンサンブルを原朋直各氏に師事。在学中、選抜演奏会にて向井滋春、前田誠一、伊藤君子、渡辺香津美などと共演。また、関東圏内音大選抜ビックバンドJFCにて、ベースを務め、東京ジャズに出演。
----------------------------
■北村貴丸(ギター)
1992年1月14日生まれ。東京都出身。高校時代に独学でギターを始める。ブルースギタリストに感銘を受け、ブルース、ジャズなどのジャンルを好んで聴くようになる。その後、ジャズギターを久野悟氏に師事。2016年洗足学園音楽大学,ジャズコースを卒業。在学中、布川俊樹氏に師事。東京都内、神奈川県内を中心に活動中。

タイムテーブル

OPEN 19:00~
①20:00~20:40
②21:00~21:40
40分×2ステージ・入れ替えなし
MC2500円+2オーダー+消費税

このライブを予約する

スケジュール一覧ページへ戻る