ライブ詳細

フィンランドの100回目のクリスマス

開催日

2017年12月16日

出演:河西麻希(sax) 飯田佐恵(pf)

 

第12回日本クラシック音楽コンクール第1位。その他受賞歴多数の河西麻希さんと、フィンランド政府奨学金等を得て国立音楽院シベリウスアカデミーに学び、音楽博士号取得されている、現・昭和音楽大学准教授の飯田佐恵さんによる、クリスマス・クラシック・デュオライブ。

<演奏曲目>クリスマスソング/シベリウス、フィンランディア/シベリウス、Rosso/パシ・リューティカイネン 他

河西&飯田

アーティスト紹介

■河西麻希(かさい・まき)
昭和音楽大学器楽学科演奏家コースを卒業。同時に特別賞受賞。昭和音楽大学音楽専攻科修了。同時に学長賞受賞。
第12回日本クラシック音楽コンクール第1位。その他受賞歴多数。
2004年初のソロアルバム「風の旋律」リリース。
2007年2月にラトビアで行われた第5回国際サクソフォーンフェスティバル「サクソフォニア」に
日本人初で招聘される。オープニングコンサートではソリストとして演奏。ラトビア国立合唱団、ストックホルムサクソフォーンカルテット等と共演。またラトビアの各地でリサイタルを行い好評を得る。
2007年「アンサンブル・ロカ」と金井勇氏の新作サクソフォン協奏曲を初演。
2008年ラトビアで行なわれた国際宗教音楽祭に出演。リガサクソフォーンカルテット・エルサレムサクソフォーンカルテット等と共演。
自身のユニット「Laluna」(ラルナ)オリジナルのミニアルバム「Naturalious」をリリース。
2010年作曲家である船橋登美子氏との新曲アルバム「猫・ねこ・ネコ」をリリース。
同年、第1回全曲初演リサイタルを開催。
2011年「Laluna」(ラルナ)セカンドアルバム「ワイデンワールド」をリリース。
2013年第2回ソロリサイタル「ラトビアの祈り」を開催。
2015年プラハ音楽院(チェコ)に短期留学し、Pavel Fiedler氏に師事。
2016年第3回ソロリサイタル「黄金の都、黄金の音色」を開催。
2017年T-TOCRECORDSより2ndソロアルバム「音楽の鳥~~pássaro de música~」をリリース。
サクソフォーンを渡辺美輪子、岡崎美絵子、宗貞啓二、福本信太郎、田中靖人、Pavel Fiedlerの各氏に師事。室内楽を彦坂眞一郎、武藤賢一郎の各氏に師事。
<オフィシャルサイト>
http://makisax.com
----------------------------
■飯田佐恵(ピアノ)
昭和音楽大学卒業、同専攻科修了。フィンランド政府奨学金等を得て国立音楽院シベリウスアカデミーに学び、音楽博士号取得(研究テーマはフィンランドの作曲家P. H. ノルドグレンの「小泉八雲の怪談によるピアノのためのバラード」)。在学中パリ国立高等音楽院に交換留学。東京を中心にリサイタル等演奏活動の他、フィンランドのオウルンサロ音楽祭、ムジカ・ノヴァ・ヘルシンキ音楽祭等でリサイタル。発案した2011年日本シベリウス協会主催「シベリウスピアノ作品全曲演奏会」は世界初の試みとして注目された。2015年夏にフィンランドとエストニアでシベリウス生誕150年記念演奏会に出演したほか、2017年2月ヘルシンキでのリゲティ・シンポジウムで発表する等、内外で活動している。昭和音楽大学准教授、同附属音楽・バレエ教室講師。日本シベリウス協会理事、日本グリーグ協会会員、日本演奏連盟会員、(社)全日本ピアノ指導者協会正会員、(財)日本ピアノ教育連盟会員。

タイムテーブル

OPEN 18:30~
①19:00~19:40
②20:00~20:40
MC2500円+2オーダー+消費税

このライブは終了しました

スケジュール一覧ページへ戻る