ライブ詳細

Summer Classic Special Live

開催日

2017年7月31日

出演:西本夏生(pf) 他

 

San Giovanni Teattino国際ピアノコンクール 第1位(2014)他、数々の国際コンクールでの受賞歴があるクラシックのピアニスト・西本夏生さんらによるライブ。

<詳細未定>

西本夏生web

アーティスト紹介

■西本夏生(にしもと・なつき)
「日本人でこんな風に、真のテンペラメントを持ってスペインものを弾いた人を見た事がない!」(フアン・ラゴ/ピアニスト・スペインバレンシア“ホセ・イトゥルビ”音楽院)西本夏生は、早稲田大学卒業、東京芸術大学大学院修士課程修了を経て、スペイン・バルセロナに渡西し、カタルーニャ高等音楽院(ESMUC)、カステジョン高等音楽院の両修士課程にて学んだ。スペインで研鑽を積んだ数少ない日本人ピアニストの1人である。San Giovanni Teattino国際ピアノコンクール 第1位(2014)、Campillos国際ピアノコンクール(2012)、マルタ国際ピアノコンクール(2015)にて第2位、Spanish composers国際ピアノコンクール(2012)、 Jose Roca国際ピアノコンクール(2013)にて第3位等を初めとして、数多くの賞を受賞。これまでに世界10カ国以上で演奏。2014年にはフランスのPiano à Castelnaudary音楽祭に招かれ、そのリサイタルは現地で高い評価を得た。ソリストとしても、これまでに Mediterráneo Symphony Orchestra(スペイン)、Madri Chamber Orchestra(韓国)、Northen Rhin Westfallen Orchesterzentrum Chamber Orchestra(ドイツ)、Çukurova State Symphony Orchestra(トルコ)等と協奏曲を共演している。5年間のスペインでの活動の後、2015年冬に日本に帰国。帰国後、在日本スペイン大使館にて開催されたコンサートは満員の聴衆に迎えられ、「El concierto fue todo un éxito.(コンサートは大成功)」(スペイン大使館)を収めた。また、出身地である地元北海道のNHK札幌「ほっとニュース」では、帰国直後「ほっとライブ」のコーナーで特集が組まれ、生演奏とトークを行い、話題を呼んだ。ソロ活動のみならず、ピアニスト佐久間(松本)あすかとのピアノデュオpiaNAとしても幅広い活動を行っている。特にニコライ・カプースチンの作品に傾倒しており、カプースチン自身と直接に交流をもつ数少ない日本人ピアニストの一人として国際的に知られている。2012年にはカプースチン本人よりpiaNAに2曲のピアノデュオ曲が献呈された。また、同年カプースチンの4手作品ばかりを集めたCD ”piaNA plays Kapustin”をリリース。第12回グリーグ国際ピアノコンクール4手部門では、piaNAとしてファイナリストディプロマを受賞した。2014年4月4日にはカプースチンより献呈された2曲「Three for two op.145」「Capriccio op.146」の世界初演を果たした(札幌)。
<オフィシャル・サイト>
http://www2.furano.jp/natsuki/

タイムテーブル

OPEN 19:00~
①20:00~20:40
②21:00~21:40
40分×2ステージ・入れ替えなし
MC未定+2オーダー+消費税

スケジュール一覧ページへ戻る