ライブ詳細

竹内久力(Cl) & 内藤 晃(Pf) Duo Live 北欧の抒情

開催日

2016年12月16日

出演:竹内久力(cl) 内藤 晃(pf)

 

クラリネットとピアノで綴る繊細な北欧の調べをご堪能ください。

【演奏曲目】

E.グリーグ:「ペール・ギュント」より「朝」「アニトラの踊り」 J.シベリウス:ノヴェレッテ A.スクリャービン:前奏曲 ロ長調 Op.11-11(Piano Solo) S.ラフマニノフ:ヴォカリーズ  交響曲第2番より第3楽章アダージョ

V.ウィリアムズ:グリーン・スリーヴスの主題による幻想曲 A.ブリス:パストラール G.F.ヘンデル:アリアと変奏(調子のよい鍛冶屋)(Piano Solo) P,リード:ヴィクトリアン・キッチン・ガーデン組曲 C.ドビュッシー:スコットランド風行進曲

%e6%ad%a6%e5%86%85%ef%bc%86%e5%86%85%e8%97%a4

アーティスト紹介

■竹内 久力(たけうち くり、クラリネット)
東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。第6回ヤング・クラリネッティスト コンクール(ヤングアーティスト部門)第1位、第1回秋吉台音楽コンクール(クラリネット部門)第3位、第4回同コンクール(同部門)第3位、第26回宝塚ベガ音楽コンクール(木管楽器部門)入選、第18回松方ホール音楽賞(木管楽器部門)奨励賞。第9回日本クラリネットコンクール入選。第30回日本クラリネットフェスティバル(北海道)に於いてヤマハ代表ゲストプレイヤーとして出演、大学卒業時にヤマハ管楽器新人演奏会(第31回、クラリネット部門)に出演。これまでに室内楽を三界秀実、市坪俊彦、小畑喜昭の各氏に、クラリネットを藤井一男、山本正治、十亀正司、伊藤圭の各氏に師事。ヴェンツェル・フックス、チャールズ・ナイディック、ニコラ・バルディルー、大島文子の各氏によるマスタークラスを受講。現在はフリーランスのクラリネット奏者としてソロや室内楽・大編成合奏での演奏活動、そして後進・社会人への演奏指導や編曲活動も行っている。
----------------------------
■内藤 晃(ないとう あきら、ピアノ)
東京外国語大学卒業。桐朋学園大学指揮教室、ヤルヴィ・アカデミー(エストニア)にて指揮の研鑽を積む。2006年、ソロプチミスト日本財団より社会ボランティア賞受賞。2008年、デビューCD 「Primavera」がレコード芸術特選盤に選出され、「作品の内面と一体化した純粋な表現は聴き手を惹きつけてやまない」と評価される。ピアノ、オーケストラの指揮、協奏曲弾き振り、映画音楽の作曲など幅広く活躍し、マリンバ吉川雅夫氏ら一流ソリストからも共演者として厚い信頼を寄せられている。楽譜CDセット「マリンバ・フェバリッツ」全3巻のピアノ演奏・編曲監修を手がけたほか、監訳書にC.ローゼン著「ベートーヴェンを“読む”」、校訂楽譜に「ヤナーチェク:ピアノ作品集」などがある。2014年、全日本ピアノ指導者協会より新人指導者賞受賞。「おんがくしつトリオ」主宰。これまでにピアノを城田英子、広瀬宣行、川上昌裕、V.トイフルマイヤーの各氏らに、指揮を紙谷一衛、L.グリン、曽我大介の各氏に師事。

タイムテーブル

OPEN 19:00~
①20:00~20:40
②21:00~21:40
40分×2ステージ・入れ替えなし
MC3000円+ご飲食代+消費税

このライブは終了しました

スケジュール一覧ページへ戻る