ライブ詳細

【昼】<AFTERNOON LIVE> undercurrent (アンダー・カレント)

開催日

2015年4月29日

<undercurrent> 飯島瑠衣(pf) 梅田和利(gt) 寺尾陽介(b) 坪井洋(ds)

※ギター梅田和利&ピアノ飯島瑠衣によるundercurrentの2回目のライブ。昨年リリースした1stアルバム”Prelude”は、ヨーロピアンテイストあふれる瑞々しい作品となっている。

アンカレ_2

アーティスト紹介

島瑠衣(いいじま・るい)■Piano, Flute, Compose, Arrange
4歳よりピアノを習い始める。16歳頃、父親が持っていたOscar Petersonのアルバム”Canadiana Suite”に感銘を受け、独学でジャズを始める。その後父親の勧めで”ルーツ音楽院”に入学しPianist あびる竜太氏に師事。高校卒業後、あびる竜太氏の勧めで洗足学園音楽大学ジャズコースに入学し、ピアノは蟻正行義氏に師事、アンサンブル、音楽論などを原朋直氏に師事。また、中学から吹奏楽部で慣れ親しんできたFluteも、積極的にさまざまな場面で演奏を行っている。2010年3月、同大学ジャズコース卒業。都内を中心に様々なバンドやセッションライブで活動中。ジャンルにとらわれずに、広がりのある音楽を目指しています。過去に共演したミュージシャンは、Eric
Mariental(As)、松本治(Trb)、岡部洋一(Per)、原朋直(Trp)、池田篤(As)、藤原清登(Bs)、水谷浩章(Bs)等(敬称略)
◆オフィシャル・サイト
HP] http://www.arikui-musyamusya.com/
[blog] http://arikuimusyamusya.wordpress.com/
------------------------------------
■梅田和利(うめだ・かずとし)■
1987年12月1日生まれ、幼少時からクラシックピアノを習い15歳からギターをはじめ、2006年洗足大学入学。在学中は、鈴木よしひさ、道下和彦両氏に師事、2009年、自身の作編曲で山野ビックバンドコンテストに出場。ギタリストの受賞は初となる優秀ソリスト賞受賞。2010年、首席奏者として卒業演奏会出演。現在は若手フュージョンバンド”Creamer project"に加入した他、セッション、サポート等都内を中心に活動する側らヤマハPMS講師としても稼動中。共演者(敬称略)鈴木よしひさ、道下和彦、藤原清登、岡部洋一、平井景、向井志門、池田篤、岡本章生、坂東慧etc...
<影響を受けた音楽>
鈴木よしひさ、道下和彦、maria schneider,pat metheny,toninho horrta,terence blanchard,brian blade fellow ship,aaron parks etc.。
◆オフィシャル・サイト
http://blog.senzoku.ac.jp/start_practice/
http://www.myspace.com/kazutoshiumeda
----------------------------
■寺尾陽介(てらお・ようすけ)
1987年、埼玉県さいたま市出身。中学生の時にベースを始める。18歳で明治大学入学後、「ビッグ・サウンズ・ソサエティ・オーケストラ」に所属、コントラバスをはじめる。コントラバスを安カ川大樹氏に師事。 現在ジャズを中心にジャンルを問わず活動中。2010年に辰巳哲也氏(tp)のバンドでトランペッターのCarl Saunders氏と共演2011年に宮嶋みぎわ氏(pf)のバンドでバストロンボーン奏者でありVanguard Jazz OrchestraのリーダーのDouglas Purviance氏と共演。また同年浅草JAZZコンテストにて駒野逸美氏(tb)のバンドでグランプリを受賞。
----------------------------
■坪井洋
大分県別府市生まれ。千葉大学入学後、モダンジャズ研究会に所属しドラムをはじめる。原大力氏に弟子入りし、在学中より関東のレストラン・ライブハウス等でジャンルを問わずプロ活動を始める。その後、Sax奏者徳田雄一郎と始めた活動が朝日新聞・NHKに取り上げられたり、各地のアートフェスティバルに参加し地域振興とアートの関わりを模索していくなど演奏のみでなく幅広く活動を深めていく。また教育施設・福祉施設等でも精力的に演奏を行い過去100本以上訪れ、Jazz解説や童謡・歌謡曲の演奏なども行う。2007年より通信制サポート校に音楽講師として在籍し、児童相談所で働いていた経験も活かし、様々な悩みを持つ生徒・家族を音楽を通して関わっていく。2010年、海外修行を決意し、まずカナダのトロントに渡り、地元のミュージシャンと交流を重ねる。2012年にスウェーデンのヨーテボリに渡り、Ljunskile folkhögskolaのJazz科に首席で合格し在籍。また各地のライブハウス・レストランで演奏はもちろん、ラジオで生演奏を行ったりと様々なミュージシャンと交流する。Lars Janssonの前座を務めた際、「君のコンピングは素晴らしい、本当に周りをよく聴いている、そしてなんて繊細な音なんだ!」と大絶賛される。Terje Sundby氏に師事。2013年にTerje氏の勧めによりドイツのベルリンに渡る。様々な国籍のミュージシャンと演奏を重ね交流していく。また美術家・ダンサーなどいろいろなジャンルのアーティストと関わり、社会とアートについての考えを深めていく。2014年、今まで培ったものを実践して行くために帰国し拠点を東京に置く。Kenneth Knundsen,Ramiro Oraciregui,Thomas Daborowskiとの日本ツアーも終え、世界と交流しながら、あらゆるボーダーレスで活動中。現在、レギュラーとして南博 「Europhobian 4」,津上研太 「元太平洋」,「Tre farger」、「まゆたま」で活躍中。

タイムテーブル

OPEN 13:00~
①14:00~14:50
②15:10~16:00
50分×2ステージ・入れ替えなし
MC2800円+ご飲食代+消費税

このライブは終了しました

スケジュール一覧ページへ戻る