弊店のニュースタッフのご紹介vol.2

2015年06月26日

■上保美香子
透き通るような歌声のシンガー。4歳からクラシックピアノを始め、2010年7月からジャズピアノを始める。オリジナル楽曲は、アレンジメントにおいてピアノをフィーチャーし、ポップロック、ポップR&B、ポップダンスといったメインストリームのサウンドでシンガーとしての魅力・可能性をより引き出せるように実践している。同時に、ピアノ弾き語りバージョンなどの別バージョンも制作し、ジャジーなネオソウルやスムーズジャズ路線のオリジナル楽曲と併せて、ピアノとの関連性を更に強調している。ライヴは、自身のボーカル&ピアノに2名(PERC, WB)、4名(DR, B, G, KEY)を加えたバンド、自身のみのピアノ弾き語りの3パターンで行う。2012年、都内のライヴハウスでのピアノ弾き語りライヴ出演開始 (3月)。アメリカで開催されている日本のアニメのコンベンション中、メリーランド州ボルティモアで行われている、東海岸最大・全米第2位の規模であるOtakonにライヴゲスト出演 (7月)。2013年、地方都市でのライヴ出演開始 (2月)。テイチクエンタテインメントより”君が好きだった”でデビュー (配信:3月3日、CD:10月23日)。千葉県佐倉市出身。上保美香子_6

弊店のニュー・スタッフのご紹介

2015年06月26日

■渡辺あゆみ
洗足学園音楽大学4年ヴィオラ専攻を今年卒業。千葉県出身。韓国で開催される Great Mountains Music Festival&Schoolに参加。トヨタ主催 Toyota Youth Orchestra Campに参加し、サントリーホールでの30周年記念演奏会に出演する。矢沢永吉の40th ANNIVERSARY LIVE、華原朋美の楽曲「夢やぶれて」「However」への参加を始めとした、様々なアーティストのTVやライブ等にサポートも行っており、クラシックだけに留まらないジャズ、ポップス、ロックなどの分野での演奏・レコーディング活動も広く行っている。またバロック音楽の演奏活動も精力的に行っており、日本チェンバロ協会の演奏会に出演するほか、ウクレレインターナショナルチャンピオン渡辺海智と異色のデュオを組み、袖ヶ浦音楽協会主催の演奏会に出演する。近年ではモデルとしての活動も行っている。ヴィオラを五十嵐清華、井野邉大輔、岡田信夫、ジャズ、ポップスを中西俊博、 室内楽を井野邉大輔、ピアノを西川麻理子、オーケストラアンサンブルを荒井英理也の各氏に師事。
<オフィシャル・サイト>
http://ayuviola55.wix.com/ayuviola55渡辺あゆみ