<新スタッフ紹介>

2017年04月06日

弊店のスタッフ<えぷろんず>に、新しく参加するフルーティストの高木美里さん。

クラシックの経歴には、華やかなものがあります。ライブにスタッフにとこれから活躍しますので、よろしくお願いいたします。

増澤聡子

—————————-

■高木美里(フルート)
東京都出身。9歳よりフルートを始める。国立音楽大学音楽学部演奏学科卒業。
2011年、第21回日本クラシック音楽コンクール全国大会大学の部入選。
2013年、第5回ドルチェ楽器新人演奏会に出演。同年、仏・ムジークアルプ夏期国際音楽アカデミーにてヴァンサン・リュカ、上野星矢の各氏のマスタークラスを修了し、修了コンサートに出演。
2014年、第58回東京国際芸術協会新人演奏会に、オーディションを経て出演。
2015年、第24回ウラジオストク春の音楽祭に招待され、沿海州立フィルハーモニック劇場、ロシア国立極東芸術大学にて室内楽コンサートを行う。
2016年、第9回ウラジオストク国際音楽コンクール第2位。同年11月、東京フィルハーモニー交響楽団による新国立劇場オペラ『ラ・ボエーム』にバンダピッコロで出演予定。
これまでに田部井雅世、大友太郎、菅井春恵、名雪裕伸の諸氏に師事。H・シュマイザー氏のマスタークラスを受講。在学時より宮本明恭氏が指揮・編曲を手掛けるムジカ・クオーレに所属し、バルセロナで行われた特別公演でもソリストとしても出演する。また、新国立劇場にて日本初演された、オペラ「戯言の饗宴」(U.ジョルダーノ)、「シンデレラ」(E.W.フェラーリ)等に出演するなど、オーケストラを始め、多方面にわたり演奏活動をする傍ら、小・中・高校の吹奏楽指導等、後進の育成にも力を注いでいる。